SNSの歴史や使用方法解説サイト

>

SNSの活用テクニックと、利用上の注意点

具体的な利用テクニックを掴む

先に挙げたSNSを例に挙げていきます。
まず「フェイスブック」ですが、これは実名で登録するものなので、実際の人間関係で使用するのが良いでしょう。
フェイスブック上で「友達」になることで、互いの投稿をリアルタイムで確認し合えます。
また「インスタグラム」ですが、これは写真投稿時に「ハッシュタグ」を付けることで、同じ趣味や探し物をしている人からの検索に表示されやすくなります。
「今日のお昼は何にしよう?」と考えたときに、インスタグラムのハッシュタグで検索し、目に留まったお店をグーグルマップで探すという方法が、若者の間ではポピュラーです。
最後に「ツイッター」ですが、これは24時間365日、企業から個人まで大量の情報が流れ続けていて、特に拡散性が高いため、企業のキャンペーンやニュースなどの最新情報を手にしたい時に使うのが効果的です。

さまざまな注意点を押さえておこう

さて、最後の項では、SNSにおける様々なトラブルや注意点について考えていきましょう。
まずフェイスブックですが、これは実名登録する特性上、自分のプライベートや隠しておきたい趣味などの投稿にうっかり「いいね」を押してしまうと、それがグループ間にも拡散してしまうので、フェイスブックは完全にリアル用、公的な自分用として割り切りましょう。
インスタグラムも、安易に自宅の画像やプライベートな場所が分かってしまうようなものが映り込まないように撮影には気を付けることと、見た目や拡散ばかり気にして撮影時に撮影場所のマナーや法律を破ることが無いようにしましょう。
また、LINEやインスタグラムに共通していますが、あまりネット上での「既読」や「インスタ映え」に固執しすぎず、あくまでも「補助ツール」として使い、精神的に追い込まれないようにほどほどに使いましょう。


この記事をシェアする